トイレ水漏れを起こしたら?まずは業者に相談しよう!/The Toilet

トイレのトラブルが起きたらどうする?

滅多に起こらないといっても、いざ起こると慌ててしまうのがトイレ水漏れのトラブル。トイレのトラブルは自分だけでなく、家族にも大きい影響が出てしまいます。では、実際に水漏れトラブルが起こった際にはどう動けばいいのか、まずはちゃんと知りましょう。

トイレの水漏れが起こったときにやって欲しい行動の流れ

水道の元栓を占める

まず、すぐに水道の元栓を締めましょう。元栓を締める事で被害の拡大を防ぐことが出来ます。

原因を探る

水道の元栓を締めたら、水漏れの原因を探りましょう。じっくり観察をして、これかな?と推測することで、業者に依頼する際にもスムーズに行きます。

自分で出来るのか、業者に依頼するのか考える

原因が分かれば、自分でも修理出来るのか、それとも出来ないのかを考えると良いでしょう。しかし、原因が分からない際や、自分どうしようも出来ない場合は、業者に依頼するのがおすすめです。無理に自分でどうにかしようとするとさらに被害が大きくなることもあります。

どのような原因が考えられるのか

作業員

水回りは、生活をするうえでは非常に便利ですが、一度故障してしまうとなかなか修理するのが大変です。例えば、トイレ水漏れが発生した場合ではなかなか自分で修理するのは難しいです。そもそもトイレ水漏れが発生する原因は何かといえば、比較的多いのはパッキンが劣化しているパターンです。パッキンとは、パイプとパイプをつないでいるゴムの部分になります。これは、ほかの部分と比べても劣化が激しくなりやすくひび割れなどが発生してしまい、そこから水漏れするパターンが多いわけです。また、時間の経過とともに便器などが壊れることも考えられます。頑丈にできていますが、ひび割れなどが発生することによりそこから水が出てしまい、これを塞ぐまではなかなか水漏れの症状が止まらないでしょう。対策としては、それぞれパーツを交換することにより元の状態に戻すことは可能になります。ただ、ひび割れ修理やパッキンの交換などは素人が簡単にできるものではありません。

修理にかかる金額の相場

トイレ

素人がトイレ水漏れの修理をすることができない場合には、専門的な業者に依頼した方がよいです。一見自分たちでできそうでも、余計に状態を悪くしてしまい当初よりも料金がかかってしまうようなこともありますので、下手に手出しをしない方がよいです。では、いったいどれぐらいの料金になるかその相場を理解しておきたいところですが、基本的に業者によって基本料金は決まっています。基本料金は5千円ぐらいになるところが多いですが、業者によって多少前後するでしょう。それに加えて出張料金が含まれます。さらには、パーツ代なども必要になってくるでしょう。バーツ代とは、たとえばパッキンを交換するのと便器の一部を交換するのでは全く料金が異なりますので、それが基本料金に上乗せされる形です。パーツの代金は、安い場合であれば千円ぐらいになりますが、便器の交換になると5万円ぐらいかかることもあります。

広告募集中