トイレトラブルの代表格!トイレ詰まりはすぐに業者に連絡を/The Toilet
HOME>イチオシ情報>トイレトラブルの代表格!トイレ詰まりはすぐに業者に連絡を

トラブルで一番多い!?トイレ詰まりは業者へ!

日常生活で起こりうるトイレ詰まり。トイレ詰まりは様々な要因で起こります。例えば、トイレットペーパーを大量に流した場合などでも起こりうるので、気をつけましょう。ですが、詰まりは万が一はいつ起こるかわかりません。もしトイレ詰まりを起こした場合には、まずは業者に連絡するのが一番です。

トイレトラブルを業者に解決してもらった方たちの声

夜中でも対応してくれました

夜中にトイレ詰まりを起こしましたが、24時間受け付けてくれていたので、すぐに対応してくれました。夜中なのに来てくださって、ありがとうございます。

365日受け付けているのがいい

年始の時に、古いトイレが詰まりを起こしました。でも、年中無休のところがあって、お正月の忙しい時期にも業者さんは丁寧に対応してくれましたね。本当に助かりました。

会社のトイレもこれで安心

うっかり、社員の誰かが会社の個室トイレのひとつをトイレ詰まりを起こしたようで、環境係の私が対応することに。でも、24時間受け付けているだけでなく、すぐに駆けつけてくれたので、早めに解決出来て良かったです。

配管トラブルとトイレトラブルは関係性あり

掃除

配管のトラブルは許容量を超えた排水による詰まりが殆どです。特にトイレ詰まりは排せつ物やトイレットペーパーをたくさん流し過ぎることで発生します。トイレの配管は悪臭の逆流を防ぐ目的でS字状に湾曲している物が多いため、場合によっては少しの排せつ物でも詰まってしまうことがあります。また、許容量の範囲内で流しても水量が少ないと配管の途中で止まってしまい、後になって詰まりに至ることもあります。万が一、トイレが詰まってしまった時には、自力で対処しようとするのではなく、専門業者に修理を依頼するのが得策です。修理業者はトラブル対処のノウハウを有しているので、トイレ詰まりの原因をすぐに見極め、適切な対処を行ってくれます。

詰まりを防ぐ工夫

トイレ

トイレ詰まりを防ぐためには排水時の水量を十分に保つのが最も効果的です。節水グッズは見た目では水の節約になるように思えますが、排せつ物などを下水管に流し切るためには何度も排水を繰り返すことになるので、結果的には使用する水量に殆ど差がありません。むしろ、一回あたりの水量が少ないので詰まりのリスクが増大するデメリットがあることから、トラブルを防ぐためには節水グッズは使わないのが賢明です。また、排水量が極端に多くても配管の許容量を超え、逆流してしまうことがあります。排水量は多すぎても少なすぎても良くないので、配管の形状や許容量に適した水量を保つのがトイレ詰まりを起こさないための工夫です。

広告募集中